コスタネオロマンチカ

コスタネオロマンチカをファミリーにおすすめしたい4つの理由

コスタネオロマンチカ

まるで海に浮かぶホテルのような豪華客船で各地をめぐる、クルーズ旅行。

  • 移動がラク
  • エンターテインメントが豊富
  • コスパがいい
  • 治安がよく安心

など、子連れでの旅行として人気が出ています。

我が家も先日、初めてのクルーズでコスタ社の船「ネオロマンチカ」を満喫してきました。

ぜひまた行きたいですし、本当に小さな子がいるご家庭にはおすすめ!!

もっと早く出会いたかった…と思うくらいなので、ここではコスタ ネオロマンチカが子連れにおすすめのポイントを紹介します。

コスタクルーズはイタリアのクルーズ会社。

ヨーロッパ航路が中心ですが、ここ数年はネオロマンチカによる日本発着航路を展開しています。

子ども料金が無料

コスタネオロマンチカの子供用プール サントロペプール子ども向けのプール「サントロペ」

コスタクルーズでは「大人2人と同室の子ども(12歳以下)は2人までクルーズ代金が無料」です。

ここで言う「クルーズ代金」には、以下のものが含まれています。

  • 移動費
  • 宿泊費
  • エンターテインメント
  • 食事

が含まれています。

コスタ ネオロマンチカの場合、具体的に挙げると

  • プールで遊ぶ
  • ショーを楽しむ
  • ダンスレッスンなどのイベントに参加する
  • コース料理やビュッフェで食べ放題

といったものが、基本のクルーズ代金に入っているわけです。

正規の料金を払う大人でもかなりコスパがいいのですが、子どもはなんと無料!!

一般的には、電車やバスなどは6歳から、飛行機は6歳から料金がかかります。

ホテルなど宿泊施設も、年齢によりますが子ども料金などが必要ですよね。

もちろん食事も、子どもの分を用意しなくてはなりません。

そういった部分が、コスタクルーズならゼロ!

これはかなりありがたいですよね。

12歳以下の子が無料になるのは、大人2人と同室の場合のみ。

また、無料になる「クルーズ料金」には、港湾税やサービスチャージは含まれていません。

港湾税は人数分、サービスチャージは4歳以上で支払いが必要です。

なお、有料のレストラン・ドリンク・イベントもあり、これらの利用には子どもも別途費用がかかります。

とはいえ!

  • 他社クルーズ
  • クルーズ以外の旅行

どちらと比べても、コスタ ネオロマンチカはかなりお得です。

無料の託児サービス「スクウォッククラブ」

コスタネオロマンチカのスクウォッククラブ入り口(託児所)サメのキャラクターが目印の託児室

コスタ ネオロマンチカには、「スクウォッククラブ」という無料の託児室があるんです。

ここでは、3歳~12歳の子どもを預けられるほか、キッズ&ファミリー向けのイベントを多数行っています。

親になると、どんな場面も「子ども優先」になりがち。

せっかくの旅行でも自分はないがしろになってしまうことも…

子育て中の「自分の時間」ってとっても贅沢なものなんですよね。

それが無料で気軽に手に入っちゃうって、すごいと思いませんか?!

実は、私がコスタ ネオロマンチカを選んだ1番の理由がコレ。

私も、娘を預けてゆったりスパでリラックスしたり、ぼーっと海を眺めたりと、自分の時間を持てました。

もちろん、娘もスクウォッククラブで楽しんでいたのでWinWinですね。

スクウォッククラブについては「子どもも親も大満足♡コスタネオロマンチカの無料託児室「スクウォッククラブ」」に詳しく紹介しています。

気軽なカジュアル船

クルーズ旅行、豪華客船、なんて言うと、おセレブな世界をイメージしてしまいませんか?

とくに子連れだと、雰囲気に合うかな?お行儀よくできるかな?と心配になってしまうかもしてません。

何を隠そう私も、ドレスコード??テーブルマナー…??と不安でしたが、コスタ ネオロマンチカなら、全然大丈夫!

まずクルーズ船には、カジュアル・プレミアム・ラグジュアリーとクラスがあり、それによって船内の雰囲気が変わります。

カジュアルはその名のとおり、1番気軽なクラスです。

コスタ ネオロマンチカはカジュアル船で、その中でもさらに気楽な雰囲気になっています。

ネオロマンチカはここ数年、日本発着の航路を展開していて、クルーズが初めてというお客さんが多いんですね。

そうした方にも楽しんでもらえるように気配りされていて、ドレスコードもかなりゆるいです。

子ども料金無料・託児サービスあり、とファミリーに優しい環境を用意しているだけあって、子連れに温かい雰囲気もあります。

もちろん公共の場での基本的なルール・マナーは守るべきですが、クルーズ船だからと緊張せず、いつもどおりに過ごせばOKです。

プチグローバル体験

コスタネオロマンチカで行われるダンスショーの様子ダンサーさんの華麗なダンスショー

日本人のお客さんが多いですが、アジアや欧米のお客さんもいますし、クルーのほとんどは外国人です。

しかもクルーの母国はかなり幅広いうえ、フレンドリーに声をかけてくれます。

とくに子連れにはアレコレと気遣ってくれたり、子どもに構ってくれたりする方が多いです。

数日船に乗っているとお互い顔見知りになり、会うたびに挨拶したり、手を振ったりとコミュニケーションも弾みます。

また、船内のプールなどでは同じくらいの年代の子ども同士が出会う機会もありました。

言葉が違っても、視線や表情でなんとなく通じ合って一緒に遊ぶ様子はほほえましかったです。

私はあまり教育熱心ではありませんが、娘が英語に興味を持っていることもあり、こうした環境はとてもいい刺激になりました。

たった数日ですが、自分とは違った人種・言葉・文化の方と出会い、友好的なコミュニケーションを取れた経験は、娘に素敵な思い出とプラスの影響を与えてくれると感じられます。

  • 海外旅行に行くだけよりフレンドリー
  • 国内旅行より濃密

なコミュニケーション経験が手軽にできるのは、ひとつの船で過ごすクルーズならではですね。

コスタネオロマンチカで子どもとクルーズデビュー

コスタネオロマンチカ

子どもにも、ママパパにも、そしてお財布にも優しいコスタネオロマンチカのクルーズ旅行。

まだ今年の夏休みのプランにも空きがありますし、今年の冬~2020年度の航路も発表されています。

家族みんなで楽しめる、今までの旅行とは一味違った船旅を、ぜひチェックしてみてくださいね!

我が家のコスタクルーズ乗船期は「子連れでコスタネオロマンチカ旅レポ 金沢発5泊6日の日本海周遊①」からご覧ください。

コスタネオロマンチカのデッキ11、サントロペプールの様子
子連れでコスタネオロマンチカ旅レポ 金沢発5泊6日の日本海周遊①2019夏 コスタネオロマンチカ 金沢発5泊6日のクルーズ旅行レポート(前編)です。 金沢での観光から乗船、境港観光、コスタネオロマンチカ船内の様子などをまとめています。...